小説の構想について私が行っていること

私は現在、インターネットの小説投稿サイトに作品を投稿しています。今年の4月から始めて、これまで月に1回ほど作品を投稿してきました。しかし今月は忙しかったので、作品を投稿することができませんでした。

来月には作品を投稿する予定で、現在はどのような内容にするか構想を立てている段階です。頭の中で小説の題材について考えていると話の内容が浮かんでくることもありますが、すぐには書き出さず、頭の中で少し温めておきます。

まとまってきたら、大まかな話の展開やシーンなどを図に書き出して、それから登場人物の設定を決めていきます。それが終わったらいよいよ執筆します。私は普段このような過程で小説を制作しています。

小説の構想に必要な想像力を養うために、普段から時間を見つけて本や新聞を読んでいます。また、ニュースやドラマなども見るようにしています。作品構想のネタやヒントが思わぬところに存在する場合もあるので、そのようにしています。

執筆する小説の内容について構想するのはとても楽しいですが、そこにあまり集中し過ぎると、うまくいきません。ですから無理のない程度に構想することが、小説執筆に大切なことだと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the <a href="http://www.akaitsuki.jp/?p=25" title="Permalink to 小説の構想について私が行っていること" rel="bookmark">permalink</a>.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です