紫外線対策はクリームの塗る回数の多さが大変

私が実践している日焼け止め対策は市販の日焼け止めクリームを顔や手足に塗るということなのですが、この対策法の問題点は塗る回数の多さとクリームのべたつきです。

私はかなり汗をかく性分なので、日焼け止めクリームを丹念に塗っても時間が経つと汗で流れてしまって効果が切れてしまうのが悩みの種です。

その度にクリームを塗り直さなければならないのでかなり面倒ですし、塗る度にクリームがべたついて不快な思いをするので大変です。紫外線には帽子を被って対応していますが、この方法にも問題点があります。

それは帽子を被り続けていると頭が蒸れてしまうということです。私は趣味で旅行に行く機会が多く、長時間外で観光する機会が多くあります。

暑くなる夏場には紫外線対策だと割り切って帽子を被っていますが、正直言って毎回起こる頭の蒸れには悩まされています。

頭が蒸れると不快な気分になりますし、帽子が汗で変色してカッコ悪くなってしまって恥ずかしい思いをしています。

蒸れを解消しようと風通しの良い帽子に変えたこともありますが、あまり効果はなくがっかりした記憶があります。

最近ではべたつきの少ない日焼け止めクリームや蒸れにくい素材や構造の帽子が出てきていますので、今年の夏はそういったものを取り入れてみようと思っています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the <a href="http://www.akaitsuki.jp/?p=11" title="Permalink to 紫外線対策はクリームの塗る回数の多さが大変" rel="bookmark">permalink</a>.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です